形而上学

人文科学

アリストテレス|あらゆる学問の基礎を築いた哲学者

アリストテレス  Aristoteres B.C.384~B.C.322 アリストテレスAristoteresは、古代ギリシアの哲学者。主著は『形而上学』、『ニコマス倫理学』、『政治学』、『自然学』、『詩学』。(アリストテレスの著書)...
人文科学

ニヒリズム(虚無主義)|伝統的な価値や権威の否定と破壊

ニヒリズム nihilism ニヒリズム(虚無主義)とは、伝統的な価値観や権威をすべて否定し、破壊しようとする思想である。ラテン語で無を意味するニヒル(nihill)に由来し、虚無主義と訳される。もっとも確実で価値あるものとされてきた...
人文科学

超人|ニーチェの超人思想

超人 超人とは、ニーチェの言葉で、ニヒリズムに陥った人間を通過点とし、その超越の極限にたつ存在である。超人は価値が喪失した中で、なおをも生を肯定し、キリスト教に代わり、道徳や倫理の彼岸に立ち、民衆に命令を下す存在である。ニーチェは、ヨ...
人文科学

カントの認識論

カントの認識論 カントの認識論は大陸にみられる合理論とイギリスにみられる経験論を否定したことにその特徴がみられる。合理論は、われわれの認識の可能性やその本質、限界等に関する省察を欠き、ひたすら認識能力を信頼して、知識の無限の妥当性を信...
人文科学

カントの倫理学

カントの倫理学 カントの倫理は、彼の主著である『実践理性批判認識』や『人倫の形而上学の基礎づけ』で論じられている。認識としての自我にアプリオリがあったように、実践的自我もまた経験にアプリオリを持つとし、道徳の経験的規定に対して先験的規...
哲学

『形面上学』アリストテレス

『形面上学』アリストテレス アリストテレスの哲学的な主著(講義録)。「形面上」とは形のあるものをこえたものという意味である。もともとはアリストテレスの著作の編集に際して、この著作が『自然学』(フィジカ)の後 (メタ)に置かれたことから...