弁証法

世界史

階級闘争|マルクスが描くプロレタリアートとブルジョワジー

階級闘争 階級闘争は、生産手段を独占的に所有する支配階級と、それを所有せず、搾取され抑圧される被支配階級とに社会が分裂し、両階級のあいだの利害対立からおこる闘争である。対立する階級が闘争することで経済や政治、文化が弁証的に進歩していく...
人文科学

ヘーゲルの弁証法

ヘーゲル弁証法 歴史を垣間見ていると、一定の法則(思想の流れ)によって動いているように思われる。さて、思想は生きた連関の中にあり、そのひとつに触れれば、必ず全範囲が振動を起こす。そのように結合されているものが、世界の全体相であるといえ...
人文科学

ドイツ観念論|フィヒテ,シェリング,ヘーゲル

ドイツ観念論(ドイツ理想主義) ドイツ観念論とは、18世紀後半〜19世紀はじめにドイツで盛んになった哲学の思想運動の総称。理想主義。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルがその代表者である。カントの批判哲学とフランス革命の影響から壮大な一元論...
人文科学

『法の哲学』ヘーゲル

『法の哲学』ヘーゲル 『法の哲学』(1821)はヘーゲルの主著の一つで人倫について説かれている。法、道徳、人倫の3部構成で、家族。市民社会。国家という人倫の3展開が論じられている。客観的精神が現実の中で法・道徳・人倫の三つに具体化され...
人文科学

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ|思想と哲学

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ  Johann Gottlieb Fichte 1762年5月19日 - 1814年1月27日 フィヒテは、ドイツ観念論の哲学者。ロマン主義者。ザクセンの職人の子として生まれ、貧困の中で勉学をつづけてカ...
人文科学

弁証法|多数の哲学者の弁証法を紹介

弁証法 Dialektik(独) 弁証法とは、対話法・問答法を意味する。「対話する」というギリシア語の動詞(ディアレゲスタイ)に由来する。ヘーゲルが弁証法を自身の哲学に持ち出して以降は、ある立場(テーゼ)と、それに対立する立場(アンチ...
哲学

プラトンの弁証法

プラトンの弁証法 プラトンの真実へのアプローチを、ソクラテスの問答法を受け継ぎ、対話によってのみ真実に導くとしたことから、弁証法と呼ばれる。ただし、ソクラテスが対人であったのに対し、プラトンは思惟自体で自ら自問自答しながら高次の認識に...
歴史学

「世界史は自由の意識の進歩である」ヘーゲル

「世界史は自由の意識の進歩である」ヘーゲル 「世界史は自由の意識の進歩である」とは、へーゲルが『歴史哲学』で述べている言葉。精神は自分で自分を意識するものであるから、みずからに基づくという意味で、自由を本質とする。へーゲルによれば、世...