属州

世界史

共和政ローマ(2/2)|地中海全土制圧と英雄カエサル

共和政ローマ 共和政ローマは、イタリアに住み着いたラテン人がティベル河畔に建設した都市国家が発展した国家である。伝説では前753年に建国されたとされるが定かではない。共和政ローマは将軍カエサルの躍進をきっかけにその政治体制を大きく転換...
世界史

軍人皇帝時代|ローマ帝国の衰退と滅亡,世界史

軍人皇帝時代 軍人皇帝時代(235~284)とは、皇帝マルクス=アウレリウス=アントニヌス以降、ローマ帝国滅亡に向かう政治の時代であり、この頃から衰退の一途をたどった。3世紀半ばから各地の軍団がそれぞれ皇帝をたてて抗争する事態となった...
世界史

アウグストゥス(オクタウィアヌス)|帝政ローマの始まり

アウグストゥス アウグストゥス(オクタウィアヌス)はカエサルの後を継ぎ、40年以上の統治期間、皇帝として君臨する。大衆や民会、元老院の話に耳を傾けた政治姿勢は、元首政と呼ばれる。カエサル・アウグストゥス(オクタウィアヌス)をきっかけに...
世界史

属州|ローマ帝国が支配した領土と総督による搾取

属州 属州とは、イタリア半島以外のローマ帝国の征服地のことで、ローマ帝国は海外で支配した領土に対して、属州として重税を課し、搾取の対象とした。ローマはイタリア半島内の同盟市には軍事的な義務を課すのみであったが、各属州の統治者(総督)に...