実存主義

人文科学

マルティン・ハイデガー|哲学と思想,存在論,世界内存在

マルティン・ハイデガー Martin Heidegger ハイデガー(1889.9.26 - 1976.5.26)は、ドイツの哲学者である。存在論や実存主義で高い評価を得ている。主著は『存在と時間』『ヒューマニズムについて』。ハイデガ...
人文科学

ジャン=ポール・サルトル|実存は本質に先立つ

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル Jean-Paul Charles Aymard Sartre サルトル(1905年~1980年)はフランスの文学者、哲学者である。主著は『実存主義とはなにか』、『存在と無』、『弁証法的理...
世界史

疎外|ヘーゲル,マルクス,実存主義が説く不安

疎外 Entfremdung 疎外とは、人間の本質や人間性が、人間から離れてよそよそしく疎遠なものになり、非人間的な状態におちいること。また、人間に属していたものが、人間から離れて独立した権力を持ち、人間を逆に支配する非人間的な状況を...
人文科学

キルケゴールの実存主義|いずれも絶望なのである

キルケゴールの実存主義 キルケゴールの実存主義は神との信仰によるものであった。人は刹那的な快楽を求める、あるいは合理的な義務を果たすがゆえの満足を求めるが、いずれも絶望が待ち受けている。このとき、神の前にたち、信仰の前に単独者として選...
人文科学

キルケゴール|哲学と思想,『死に至る病』

キルケゴール キルケゴールは、デンマーク出身の神学者、哲学者、実存主義者である。主著は『あれか、これか』『反復』『哲学的断片』『不安の概念』『死にいたる病』である。厳格なプロテスタントの家庭で厳格なキリスト教教育を受ける。キルケゴール...
哲学

キルケゴールの著作|『死にいたる病』,『あれか、これか』

キルケゴールの著作 キルケゴールは、多くの著作を偽名で発表している。たとえば『死に至る病』はアンチ・クリマクスという名前で出版されている。主著は、『死に至る病』を筆頭に、『あれか、これか』、『哲学的断片』、『不安の概念』、『誘惑者の日...
人文科学

ドイツ観念論|フィヒテ,シェリング,ヘーゲル

ドイツ観念論(ドイツ理想主義) ドイツ観念論とは、18世紀後半〜19世紀はじめにドイツで盛んになった哲学の思想運動の総称。理想主義。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルがその代表者である。カントの批判哲学とフランス革命の影響から壮大な一元論...
世界史

ヴィクトール・フランクル|『夜と霧』,ロゴセラピー,精神医学

ヴィクトール・フランクル Viktor Emil Frankl フランクルは、オーストリアのウィーンの精神医学者。(1905.3.26-1997.9.2)ウィーン大学で医学を修め、フロイトやアドラーから精神分析学を学ぶ。後に独自の実存...
人文科学

実存主義|サルトル,ニーチェ,キルケゴール他

実存主義 existentialism 実存主義は、19世紀の合理主義や実証主義に対して、そのような客観的な抽象的思考では把握できない個としての人間の立場を強調し、孤独・不安・絶望・苦悩の中に生きる、個別的・具体的な「この私」の存在を...
人文科学

フリードリヒ・ニーチェ|哲学と思想,神は死んだのだ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ Friedrich Wilhelm Nietzsche ニーチェはドイツの哲学者である。主著は『ツァラトゥストラ』、『力への意志』、『善悪の彼岸』。実存主義者。キリスト教は香車に対する弱者のルサン...