実存主義

世界史

疎外|ヘーゲル,マルクス,実存主義が説く不安

疎外 Entfremdung 疎外とは、人間の本質や人間性が、人間から離れてよそよそしく疎遠なものになり、非人間的な状態におちいること。また、人間に属していたものが、人間から離れて独立した権力を持ち、人間を逆に支配する非人間的な状況を...
人文科学

キルケゴール|『死に至る病』

キルケゴール キルケゴールは、デンマーク出身の神学者、哲学者、実存主義者である。主著は『あれか、これか』『反復』『哲学的断片』『不安の概念』『死にいたる病』である。厳格なプロテスタントの家庭で厳格なキリスト教教育を受ける。キルケゴール...
哲学

カール・ヤスパース|思想と哲学,実存主義

カール・ヤスパース Karl Theodor Jaspers  ヤスパース(1883.2.23 - 1969.2.26)はドイツの神学者、哲学者、精神医学者。主著『世界観の心理学』『哲学』『理性と実存・真理について』『啓示に面しての哲...
人文科学

マルティン・ハイデガー|哲学と思想,存在論,世界内存在

マルティン・ハイデガー Martin Heidegger ハイデガー(1889.9.26 - 1976.5.26)は、ドイツの哲学者である。存在論や実存主義で高い評価を得ている。主著は『存在と時間』『ヒューマニズムについて』。ハイデガ...
世界史

自由|キリスト教, ドイツ観念論, 実存主義, 生物学,他

自由 自由は、一般的には強制や支配を受けずに拘束されていない状態をいう。思想や法・政治における自由では、法やルールの範囲で可能な行動を示すが、国や宗教、時代において、様々な解釈が存在する。 「~からの自由...
人文科学

フリードリヒ・ニーチェ|反キリスト教と超人思想

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ Friedrich Wilhelm Nietzsche ニーチェはドイツの哲学者である。主著は『ツァラトゥストラ』、『力への意志』、『善悪の彼岸』。実存主義者。キリスト教は香車に対する弱者のルサン...
人文科学

キルケゴールの実存主義|いずれも絶望なのである

キルケゴールの実存主義 キルケゴールの実存主義は神との信仰によるものであった。人は刹那的な快楽を求める、あるいは合理的な義務を果たすがゆえの満足を求めるが、いずれも絶望が待ち受けている。このとき、神の前にたち、信仰の前に単独者として選...
人文科学

ジャン=ポール・サルトル|実存は本質に先立つ

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル Jean-Paul Charles Aymard Sartre サルトル(1905年~1980年)はフランスの文学者、哲学者である。主著は『実存主義とはなにか』、『存在と無』、『弁証法的理...
哲学

キルケゴールの著作|『死にいたる病』,『あれか、これか』

キルケゴールの著作 キルケゴールは、多くの著作を偽名で発表している。たとえば『死に至る病』はアンチ・クリマクスという名前で出版されている。主著は、『死に至る病』を筆頭に、『あれか、これか』、『哲学的断片』、『不安の概念』、『誘惑者の日...
人文科学

ドイツ観念論|フィヒテ,シェリング,ヘーゲル

ドイツ観念論(ドイツ理想主義) ドイツ観念論とは、18世紀後半〜19世紀はじめにドイツで盛んになった哲学の思想運動の総称。理想主義。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルがその代表者である。カントの批判哲学とフランス革命の影響から壮大な一元論...