四国艦隊下関砲撃事件

日本史

尊王攘夷|天皇崇拝と排他主義,幕末

尊王攘夷 尊皇攘夷とは、天皇崇拝思想である尊皇思想と外国人排斥を唱える攘夷が結びつき、形成された政治思想。欧米列強の圧力の中で幕藩体制が傾いた中で生まれた。背景には通商貿易による物価の上昇や外国人犯罪、植民地支配の恐怖がある。やがて長...
日本史

下関戦争(四国艦隊下関砲撃事件)

下関戦争 下関戦争とは、列強(アメリカ、フランス、オランダ、イギリス)の軍隊は、下関海峡を通行不能とした長州藩と戦争状態に陥り、長州藩が敗北した戦争である。アメリカ、フランス、イギリス、オランダの四カ国から四国艦隊下関砲撃事件とも呼ば...
日本史

長州藩外国船砲撃事件|長州藩による外国船への砲撃

長州藩外国船砲撃事件 長州藩外国船砲撃事件とは、長州藩によアメリカ、フランス、オランダなどの外国船に対する砲撃。1863年5月11日以降に起こった一連の砲撃と外国軍隊による報復攻撃を総じて長州藩外国船砲撃事件と呼ばれる。攘夷を決行を決...
日本史

第一次征長戦争(第一次長州征伐)

第一次征長戦争 第一次征長戦争とは下関戦争の敗北や禁門の変で疲労した長州に対して、徳川幕府は35藩に長州への出兵を命じた戦争。圧倒的な数を誇ったが、多くの藩は財政難で士気は高くなかった。(参考:第二次征長戦争) 目次 ...