唯物史観

世界史

唯物論|フォイエルバッハ,マルクス,そして唯物史観へ

唯物論 唯物論とは、精神に対する物質の根源性を主張する哲学的立場である。哲学者マルクスは、絶対的精神を提唱したヘーゲルの哲学に対し、人間の意識がその存在を規定するのではなく、人間の社会的存在がその意識を規定すると延べ、唯物論を提唱する...
哲学

唯物史観|マルクス・エンゲルスによる唯物論的歴史観

唯物史観 Historischer Materialismus 唯物史観(史的唯物論)とは、マルクス・エンゲルスが確立した、唯物論的な社会観・歴史観である。唯物論の土台のうえに、ヘーゲルの弁証法の考え方を取り入れることによって確立され...
世界史

階級闘争|マルクスが描くプロレタリアートとブルジョワジー

階級闘争 階級闘争は、生産手段を独占的に所有する支配階級と、それを所有せず、搾取され抑圧される被支配階級とに社会が分裂し、両階級のあいだの利害対立からおこる闘争である。対立する階級が闘争することで経済や政治、文化が弁証的に進歩していく...
人文科学

マルクス|哲学と思想,貧困に向き合う共産主義運動

マルクス マルクスは、ドイツの社会思想家、経済学者、哲学者。主著は主著『経済学・哲学草稿』『ドイツ=イデオロギー」『共産党宣言」『経済学批判』資本論』。親友エンゲルスと共に科学的社会主義を創始し、哲学や経済学においても画期的な業績を残...