吉田松陰

日本史

久坂玄瑞|長州藩,イギリス公使館焼き討ち,禁門の変

久坂玄瑞(くさか げんずい) 久坂玄瑞は、長州藩士で尊皇攘夷の中心人物である。天保11年(1840)~元治元年(1864)。長州藩の萩藩医の家に生まれた。吉田松陰が開いた松下村塾で学び、高杉晋作とともに双璧と呼ばれるほど、秀才であった...
日本史

佐久間象山|吉田松陰の師,東洋道徳・西洋芸術の国へ

佐久間象山 佐久間象山は幕末に活躍した思想家・洋学者である。洋学に強い関心を持ち、西洋の伝統的精神に基づいて西洋の先進的な知識・技術を導入し、日本の近代化のために活動した。主著は『省諐録』(せいけんろく)。信州(長野県)松代藩の下級武...
人文科学

吉田松陰|思留め置かまし大和魂

吉田松陰 1830~1859 吉田松陰は、幕末期の思想家・教育者。主著は『講孟余話』『留魂論』。長州藩の下級武士の子として生まれ、5歳のとき兵学師範の吉田大助の養子になり、山鹿流兵学を学ぶ。家学に没頭し才覚を示し、藩の兵学の師範となっ...
日本史

安政の大獄|井伊直弼

安政の大獄 安政の大獄とは、1858年に大老井伊直弼が行った、幕府の反体制派であった水戸派、志士、公家、学者らへの弾圧である。幕府の調印に激怒した孝明天皇は水戸藩へ幕政改革を求める密勅を下すが、井伊直弼はこれを水戸藩による幕府転覆の陰...
日本史

松下村塾|吉田松陰,誓って神国の幹とならん

松下村塾 松下村塾は外国に対して危惧した吉田松陰が立ち上げた塾である。身分にかかわらず、志のある者は誰もが入ることが出来た。松下村塾では個性を重んじた授業が行われ、講義の内容は日本を取り巻く国際情勢を中心に、欧米列強の軍事力の脅威を説...
日本史

洋学|江戸時代末期「東洋道徳、西洋芸術」

洋学 洋学とは、江戸時代の末期から明治時代の初期に日本に紹介された西洋学問の総称である。数学、物理学、化学、医学などの諸科学が導入された。蘭学がオランダの学問という響きを持つのに対して、洋学はイギリス・ドイツ・フランスの学問を含んだよ...