前漢

世界史

漢|朝鮮から中央アジアへ400年続いた王朝

漢 漢(前202~後220)は、秦につづく中国の統一王朝である。まずは劉邦が前漢を立て、一時、新となるものの、後漢を打ち立てた。この間の約400年間、政治的にほぼ安定し、中国的制度や文物の原型が形成されたため、漢土・漢人・漢字・漢文な...
世界史

冒頓単于|劉邦を打ち負かした匈奴の名君

冒頓単于 ぼくとつ ぜんう 冒頓単于(ぼくとつ ぜんう)は前漢時代の匈奴の名君で、混乱していた内外モンゴルを平定し、高祖(劉邦)を平城(今の大同)に包囲して、和親を結ばせた。それ以降、漢は貢物を納入することになる。さらに西はジュンガリ...
世界史

前漢|劉邦が築いた古代中国の大帝国,中国史

前漢 前漢(前202-後8)は、劉邦(高祖)が建国した。都は長安におかれ、西漢とも呼ばれる。高祖は封建制度と中央集権の二制度が存在する郡国制を施行したが、やがて地方豪族に圧力がかかり、武帝時代に事実上の中央集権化が達成された。武帝は、...
世界史

後漢|ローマ帝国へ、シルクロードを生んだ中国王朝

後漢 後漢は、新を倒した劉秀が再建した漢王朝である。都は洛陽におかれ、東漢とも呼ばれる。後漢は、家族連合政権の性格を持ち、前半は政治的に安定し、後半は積極的な政策を行い、西域経営を進め、シルクロードと呼ばれる、西側との交易の道を確立し...
世界史

新|前漢を滅ぼし、王莽が打ち立てた儒教の王朝,中国

新 新(8-23)は、王莽は、宮廷内の権力争いを制圧して、前漢を倒して建てた王朝である。都は長安においた。儒教の経典にもとづいた復古主義政策をとり、重税と悪政によって社会を混乱させた。匈奴征討にも失敗し、高句麗・雲南・西域諸国の反抗も...
世界史

漢の内政|400年続いた漢王朝の政策

漢の内政 漢は一時、新に滅ぼされるもの、その前後の前漢、後漢合わせて400年以上続いた王朝であるが、その内政は、比較的安定した王朝であった。科挙制度の前進となる官吏登用法や通貨・文字の統一など統一国家の中国としての整備が整えられた。ま...