共産主義

世界史

ポルポトの革命|メガネをかけていただけで殺される

ポルポトの革命 ポルポトの革命は、中国やソ連の革命を極端な形で実施されたため、悲惨な結果をもたらすことになった。知識層(学者だけでなく教師や文字が読める者、メガネをかけたもの)を粛正し、残った者は、農民として集団農地で働かせた。通貨は...
人文科学

マルクス|貧困に向き合う経済学者

マルクス マルクスは、ドイツの社会思想家、経済学者、哲学者。主著は主著『経済学・哲学草稿』『ドイツ=イデオロギー」『共産党宣言」『経済学批判』資本論』。親友エンゲルスと共に科学的社会主義を創始し、哲学や経済学においても画期的な業績を残...
世界史

搾取|ブルジョワジーによるプロレタリアートの支配と現在

搾取 搾取とは、生産手段が私有化されている社会において、支配階級(生産手段の所有者)が被支配階級による労働の成果をわがものにしてしまうこと。その時代の生産関係において、搾取の形態は変化するが、資本主義社会においては、資本家が、賃金とし...
人文科学

安藤昌益|忘れられた思想家,万人直耕,共産主義

安藤昌益 安藤昌益は江戸時代中期の思想家である。主著は『自然真営道』、『統道真伝』。昭和時代に入りカナダの外交官H・ノーマンの『忘れられた思想家』で紹介されてから知られるようになった。 困窮する農家を背景に、安藤昌益は当時の差別と偏...