中臣鎌足

日本史

中大兄皇子(天智天皇)|大化改新と蘇我氏の滅亡

中大兄皇子(天智天皇) 中大兄皇子(天智天皇)は大和国(奈良県)に舒明天皇の皇子として生まれる。中臣鎌足との協力の下で、蘇我氏を滅ぼした乙巳の変から始まる大化の改新を行った。天皇中心の中央集権国家づくりを目指した。権力の集中を背景に都...
日本史

大化改新|中臣鎌足と中大兄皇子による改革

大化改新 645年(大化1)の蘇我氏滅亡から649年(大化5)の中央官制整備ころまでを、大化改新という。中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足を中心に行われたが、大化改新の目的は、氏姓制度を廃して中央集権国家をつくることにあったが、その目的...
日本史

中臣鎌足(藤原鎌足)|蘇我氏滅亡と大化の改新

中臣鎌足(藤原鎌足) 中臣鎌足は、現在の奈良県である大和国で生まれた政治家である。藤原氏の血を継ぐ。中大兄皇子を助けて蘇我氏本宗家を滅ぼした後、大化の改新を行った。改新政治では中内臣について、律令政治の基礎を築いた。 669年、56歳...
日本史

蘇我入鹿|山背大兄王への襲撃と乙巳の変

蘇我入鹿 蘇我入鹿の父である蘇我蝦夷より大臣を継承する。権力を強め、聖徳太子の子である山背大兄王を殺害した。自邸を谷宮門(はさまのみかど)と呼んだ。後継者争いの末、645年、乙巳の変で蘇我派に敵対する中臣鎌足・中大兄皇子の両者によって...
政治

乙巳の変|中大兄皇子・中臣鎌足による蘇我滅亡の政変,大化改新へ

乙巳の変 645年6月12日、反蘇我派である中大兄皇子と中臣鎌足による、蘇我本宗である蘇我入鹿・蘇我蝦夷が滅ぼされた。皇極天皇の突然の召集をうけて飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)に入った大臣・蘇我入鹿(おおかみそがのいるか)が反蘇我...