ルター

世界史

自由|キリスト教, ドイツ観念論, 実存主義, 生物学,他

自由 自由は、一般的には強制や支配を受けずに拘束されていない状態をいう。思想や法・政治における自由では、法やルールの範囲で可能な行動を示すが、国や宗教、時代において、様々な解釈が存在する。 「~からの自由...
世界史

マルティン・ルター|宗教改革,キリスト教

マルティン・ルター Martin Luther、1483年11月10日 - 1546年2月18日 ルターは、ドイツの神学者・宗教改革の指導者。主著『キリスト者の自由』。1433年にドイツで生まれた。当初は法律家を目指したが、エアフルト...
世界史

宗教改革|フス,ルター,カルヴァン

宗教改革 Reformation 宗教改革とは、ヨーロッパに広がったローマ=カトリック教会の腐敗を批判し、個人の純粋な信仰心に基づいて信仰を浄化しようとした運動。14〜15世紀のウィクリフ・フスらの反教皇運動を先駆とし、1517年にド...
人文科学

デジデリウス・エラスムス

デジデリウス・エラスムス Desiderius Erasmus 1466-1536 エラスムスは、ルネサンスのオランダ・ロッテルダム出身の人文主義者。主著は『愚神礼讃』(ぐしんらいさん)、『平和の訴え』。イギリスのトマス・モア、ドイツ...
世界史

『キリスト者の自由』ルター

『キリスト者の自由』(Von der Freiheit eines Christenmenschen) ルター 『キリスト者の自由』とは、宗教改革で活躍したマルティン・ルターの代表的な著作。(1520年)ルターの思想である、福音主義、...
世界史

『95か条の意見書(論題)』ルター

『95か条の意見書(論題)』ルター 1517年にキリスト教会が贖宥状(免罪符)を販売したことに心を痛めたルターが、贖宥状(免罪符)を批判した95か条の論題を、ヴィッテンベルク城教会の扉に掲示し、宗教改革運動の発端になった。ルターは、...
宗教

福音主義|キリスト教,プロテスタント

福音主義 福音主義とは、聖書に記されたイエス・キリストの福音を信じ、神の恵みへの「信仰のみ」「聖書のみ」によって救いを求めるプロテスタントの信仰をさす。教義、伝統、儀式を重んじるカトリックの権威主義に対して、聖書の福音のみの信仰に基...
世界史

万人司祭主義|ルター

万人司祭主義 万人司祭主義とは、神の前では、すべてのキリスト者が平等であるとし、特権的な身分としての聖職者を否定する思想である。万人が自己の内面の信仰によってのみ直接神とかかわり、すべての人が等しく神の司祭であると説く。 ...
世界史

職業召命観|カルヴァン

職業召命観 召命とは、神に召されて使命を与えられること。英語ではcalling、ドイツ語ではBerufといい、神に呼び出されるという意味をもつ。ルターは職業に神の召命としての意義を与え、カルヴァンは、世俗的職業は神の栄光を実現するため...
世界史

予定説 |アウグスティヌス・ルター・カルヴァン

予定説 予定説とは、救われる者と救われない者とが神の永遠の意志によって、予め定められているという神学の説。パウロの『ローマ人への手紙』に由来し、アウグスティヌス・ルター・カルヴァンらによって説かれた。 目次 ...