ライプニッツ

哲学

予定調和|ライプニッツ

予定調和 harmonie 予定調和とは、相互に交渉のない個々のものが調和した全体的秩序を形成するように定められていること ライプニッツの予定調和 ライプニッツは世界はモナドで満ちており、無数のモナドが表象...
哲学

クリスティアン・ヴォルフ|思想と哲学

クリスティアン・ヴォルフ Christian Wolff 1679-1754 クリスティアン・ヴォルフはドイツ・プレスラウ出身の哲学者・数学者。イェーナ大学で数学や哲学を学び、デカルトに大きな影響を受け、数学の方法論で哲学を行った。ハ...
人文科学

ゴットフリート・ライプニッツ|哲学と思想

ゴットフリート・ライプニッツ Gottfried Wilhelm Leibniz 1646年~1716年 ライプニッツはドイツの哲学者、数学者、物理学者。外交官としても活躍した。主著は『形而上学序説』(1686年)、『人間知性新論』...
天文学

アイザック・ニュートン|万有引力,微積分法,光のスペクトル分析

アイザック・ニュートン Sir Isaac Newton 1643-1727 アイザック・ニュートンは、イギリスの数学者・物理学者、古典力学を確立した。主著『プリンキピア』。1642年、12月25日、イギリスのリンカンシャーでニュート...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
哲学

生得観念

生得観念 生得観念とは、人間が生まれながらに持っている観念。神の観念や善悪の観念が、その例とされる。 目次 プラトン デカルトによる生得観念 ジョン・ロックによる生得観念の否定 ライプニッツのロックへの反論 ...
哲学

モナド|哲学,ライプニッツ

モナド monad ライプニッツの哲学において、あらゆる事物を構成する究極的要素となる、分割不可能の単純な実体をさす。モナドは、ギリシア語で一をあらわすモナスに由来し、能動的な活動性を持つ力の中心で、空間的な広がりを持つ物体的な原子(...
哲学

合理論|大陸合理論,デカルト,スピノザ,ライプニッツ

合理論 rationalism 合理論とは、確実な知識の源泉を、理性による思考に求める考え方である。明証的な原理から、論理的な推理によって確実な知識を導き出す演緯法を真理探究の方法とする。理性の明証性を拠りどころに知識を導く合理論は...
哲学

『モナドロジー』ライプニッツ

『モナドロジー』ライプニッツ 『モナドロジー』とはドイツの哲学者ライプニッツの主著。ニコラ・レモンの依頼により執筆されたが、出版されたのはライプニッツの死後であったた。世界を構成する究極要素として、分割不可能の単純な実体であるモナドに...