メッカ

人文科学

ムハンマド|イスラム教の開祖,アッラー,メッカ,コーラン

ムハンマド ムハンマド(マホメット、モハメット、571?〜632)はイスラム教の開祖。最大にして人類最後の預言者と位置づけられる。ムハンマドは、クライシュ族のハーシムケに属する証人の子としてうまれた。その後、すぐに孤児となり、叔父のア...
世界史

イスラム教の歴史|ムハンマドによるイスラム教の創始

イスラム教の歴史 イスラム教は、ムハンマドによって創始された。アラビア半島では土着の宗教が信仰されていたが、貧富の拡大に伴い、多くの民衆が苦しんでいた中でイスラム教は身分をこえた平等を説いたため、急速に広まるようになった。また宗教的寛...
世界史

イスラム世界|イスラム教が根付いた地域,世界史

イスラム世界 イスラム世界とは、イスラム教の信仰が社会的に大きな意味を持っている地域の全域をいう。最初は7世紀にイスラム教が成立したアラビア半島で形成され、8世紀に西アジアから北アフリカを経てイベリア半島にまで急拡大した。その後さらに...
世界史

『コーラン』(クルアーン)|イスラム教の聖典

『コーラン』 『コーラン』(『クルアーン』)とは、イスラム教の聖典である。ムハンマドがアッラーからさずけられた啓示の記録で、アラビア語で「読誦すべきもの」という意味である。第3代カリフのウスマーンの時代の650年頃に現在の形に編集され...