ムセイオン

世界史

ヘレニズム文化|ギリシア文化とオリエント文化の融合

ヘレニズム文化 ヘレニズム文化は、ヘレニズム時代に華やいだ文化であり、東方の古代ギリシアとオリエントの伝統文化が融合して培われた。アレクサンドロス大王の東西融和政策によって、東方に多くのギリシア人が移住した。彼らは、ギリシア語や芸術、...
世界史

ヘレニズム|ヘレニズム時代に世界に広がったギリシャ風文化

ヘレニズム ヘレニズムとは、ギリシア的な文化・思想を意味する。ヘブライズム(ユダヤ教やキリスト教の文化・思想)とともに、ヨーロッパ文化の根底にある二大潮流の一つをなす。歴史的には、アレクサンドロス大王の東方遠征以降、ギリシア文化が地中...
世界史

プトレマイオス朝エジプト|エジプト最後の王朝

プトレマイオス朝エジプト プトレマイオス朝エジプトは、アレクサンドロス大王の部将プトレマイオスが建国した、古代エジプト最後の王朝である。ギリシア系で、アレクサンドリアを都とし、ヘレニズム世界の中心的存在となって繁栄したが、前30年ロー...
世界史

エラトステネス|ヘレニズムの地理学者,天文学者,地球は球形である

エラトステネス エラトステネス(前275頃~前194)は、北アフリカのギリシア植民市キレネ出身の天文学者、地理学者である。アレクサンドリアで、ムセイオンの館長を務めた。地球を球形と考え、その周囲の長さを影の角度から計測して、約4万50...
世界史

アレクサンドリア|東西融和のためのアレクサンドロスの都市

アレクサンドリア アレクサンドリアは、マケドニア王国のアレクサンドロス大王が支配の拠点と東西融和のため各地に作った都市である。特にエジプトのアレクサンドリアが有名で、前331年、ナイル川のデルタ河口に建設した。アレクサンドロス大王の死...
世界史

ムセイオン|ヘレニズム時代に生まれた博物館

ムセイオン ムセイオンとは、学芸の女神「ムーサ」(Muse)たちを祭る場所の意で、博物館(museum)の語源となった。ホメロスを筆頭に多くの古代ギリシアの文献が集められた。現代に残されているギリシアの古典の多くは、アレクサンドリアの...