マルクス

世界史

疎外|ヘーゲル,マルクス,実存主義が説く不安

疎外 Entfremdung 疎外とは、人間の本質や人間性が、人間から離れてよそよそしく疎遠なものになり、非人間的な状態におちいること。また、人間に属していたものが、人間から離れて独立した権力を持ち、人間を逆に支配する非人間的な状況を...
人文科学

マルクス|貧困に向き合う経済学者

マルクス マルクスは、ドイツの社会思想家、経済学者、哲学者。主著は主著『経済学・哲学草稿』『ドイツ=イデオロギー」『共産党宣言」『経済学批判』資本論』。親友エンゲルスと共に科学的社会主義を創始し、哲学や経済学においても画期的な業績を残...
世界史

社会民主主義(修正社会主義)|マルクス主義の否定

社会民主主義(修正社会主義) 社会民主主義(修正社会主義)とは、議会制民主主義を維持しながら、合法的・民主的な手段によってによる漸進的な社会改革と社会主義の実現を説いた。マルクスに代表されるような暴力革命やプロレタリア独裁を否定し、議...
世界史

ソ連|ソビエト社会主義共和国連邦,ソビエト連邦

ソビエト社会主義共和国連邦 ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)は、ユーラシア大陸の北部のロシアに存在する社会主義国家。共産党率いるレーニンのロシア革命によって建国された。資本主義国家の大国アメリカと対立し、冷戦時代を作り出した。冷戦は...
世界史

マルクス・レーニン主義|マルクス主義の科学的発展

マルクス・レーニン主義 マルクス・レーニン主義とは、資本主義の矛盾は、やがて労働者の反抗をもたらし、労働者の革命を引き起こすというマルクスの思想に基づき、それをレーニンが科学的に発展させたとされる思想である。スターリンによって表現され...
世界史

マルクス主義|マルクスとエンゲルスが創始した思想運動

マルクス主義 マルクスとエンゲルスが創始した理論体系の総称。あるいは、マルクスの名のもとに展開された思想運動。マルクス主義ほど二十世紀の政治と思想に大きな影響を与えたものの、共産主義社会の実現は悲惨なものとなった。 ...
世界史

唯物論|フォイエルバッハ,マルクス,そして唯物史観へ

唯物論 唯物論とは、精神に対する物質の根源性を主張する哲学的立場である。哲学者マルクスは、絶対的精神を提唱したヘーゲルの哲学に対し、人間の意識がその存在を規定するのではなく、人間の社会的存在がその意識を規定すると延べ、唯物論を提唱する...
世界史

物象化|マルクス

物象化 Versachlichung,Verdinglichung 物象化とは、人と人の関係が、物と物の関係としてあらわれることである。マルクスの主著『資本論』の中でこの用語が使われている。マルクスの他、哲学者のジンメルや新カント学派...
世界史

物神崇拝(フェティシズム)|呪物崇拝,マルクス主義

物神崇拝(Fetischismus) 物神崇拝とは、フェティシズムとよばれ、様々な宗教に見られるように、ただの石や木に呪術的な力や神秘性を見いだし、祈りや祀りの対象になることをいう。また、経済学者・哲学者のマルクスはフェティシズムを資...
世界史

搾取|ブルジョワジーによるプロレタリアートの支配と現在

搾取 搾取とは、生産手段が私有化されている社会において、支配階級(生産手段の所有者)が被支配階級による労働の成果をわがものにしてしまうこと。その時代の生産関係において、搾取の形態は変化するが、資本主義社会においては、資本家が、賃金とし...