マルクス主義

人文科学

マルクス|貧困に向き合う経済学者

マルクス マルクスは、ドイツの社会思想家、経済学者、哲学者。主著は主著『経済学・哲学草稿』『ドイツ=イデオロギー」『共産党宣言」『経済学批判』資本論』。親友エンゲルスと共に科学的社会主義を創始し、哲学や経済学においても画期的な業績を残...
世界史

マルクス・レーニン主義|マルクス主義の科学的発展

マルクス・レーニン主義 マルクス・レーニン主義とは、資本主義の矛盾は、やがて労働者の反抗をもたらし、労働者の革命を引き起こすというマルクスの思想に基づき、それをレーニンが科学的に発展させたとされる思想である。スターリンによって表現され...
世界史

階級闘争|マルクスが描くプロレタリアートとブルジョワジー

階級闘争 階級闘争は、生産手段を独占的に所有する支配階級と、それを所有せず、搾取され抑圧される被支配階級とに社会が分裂し、両階級のあいだの利害対立からおこる闘争である。対立する階級が闘争することで経済や政治、文化が弁証的に進歩していく...
世界史

物神崇拝(フェティシズム)|呪物崇拝,マルクス主義

物神崇拝(Fetischismus) 物神崇拝とは、フェティシズムとよばれ、様々な宗教に見られるように、ただの石や木に呪術的な力や神秘性を見いだし、祈りや祀りの対象になることをいう。また、経済学者・哲学者のマルクスはフェティシズムを資...
人文科学

フランクフルト学派|反ファシズムの思想,哲学

フランクフルト学派 1930年代にドイツのフランクフルトの社会研究所に集まって研究をした学者たち。ホルクハイマーが初代の所長となったが、その後、彼らはナチスに追放されて外国に亡命認し、戦後帰国して1950年に研究所を再建した。既存の社...
人文科学

三木清|哲学と思想,日本における歴史哲学の開拓者,構想力

三木清 三木清は大正・昭和期の哲学者。主著『パスカルにおける人間の研究』、『歴史哲学』、『人生論ノート』。 三木清は、兵庫県出身。、京都帝国大学の文学部哲学科に入学し、西田幾多郎の下で学ぶ。ドイツに留学後、日本に帰国し法政大学の教授...