ベーコン

世界史

ルネサンス|神の文化からの個人の解放

ルネサンス Renaissance ルネサンスは(Renaissance)、再生・復活という意味で、14世紀から16世紀にかけてイタリアを中心におこり、ヨーロッパ各地に広がった。中世ヨーロッパの教会を中心とした思想から、ギリシア・ロー...
人文科学

トマス・ホッブズ|思想と哲学,社会契約論

トマス・ホッブズ  Thomas Hobbes  1588.4.5 - 1679.12.4 トマス・ホッブズはイギリスの哲学者・政治学者。イギリス・マームスべリー(Malmesbury)に牧師の子として生まれる。フランシス・ベーコンや...
天文学

ガリレオ・ガリレイ|地動説,宗教裁判,科学革命

ガリレオ・ガリレイ GalileoGalilei1564-1642 ガリレオ・ガリレイは、イタリア・ピサ出身の数学者、物理学者。主著『天文対話』、『新科学対話』。諸現象を仮説に基づく実験によって数学的に検証する科学的方法を確立し、近代...
哲学

ベーコンの生涯

ベーコンの生涯 フランシス・ベーコンエリザベス一世の下で働くサー・ニコラス・ベーコン(父)とアン(母)で生まれる。法律、政治学、哲学、歴史、文学などあらゆる学問に精通した。イギリス経験論の祖。父親の死後、苦労を続け大法官までのぼりつめ...
人文科学

フランシス・ベーコン|哲学と科学的方法

フランシス・ベーコン 1561~1626 フランシス・ベーコンはイギリス経験論の父と呼ばれる。『学問の進歩』、『ノヴム・オルガヌム(新機関)』、『ニュー=アトランティス』。フランシス・ベーコンは経験、すなわち、観測的・実験的な自然探...
哲学

イドラ|ベーコン,臆見

イドラ idola イドラとは、物事を正しく認識することを妨げる偏見や先入観をいい、ベーコンの言葉である。もともとはラテン語で偶像・幻影を意味する。人間が正しい認識に到達するためにはイドラにとらわれること無く、経験に基づいた普遍的・...
哲学

『ノヴム=オルガヌム(新機関)』ベーコン

『ノヴム=オルガヌム(新機関)』 『ノヴム=オルガヌム(新機関)』は、べーコンの主著で、1620年の刊行された。古代のアリストテレスの論理学『オルガノン』に対して、新しい学問研究の方法論として提示することを意図している。第1巻ではイド...
哲学

「知は力なり」 |ベーコン

「知は力なり」 「知は力なり」とは、経験に基づいた知識を応用することによって自然を支配する力になるという、ベーコンの言葉である。「人間の知識は人間の力に一致する」という言葉に由来する。ベーコンによれば、学問の目的は、自然に対する人間の...
人文科学

独断論|ベーコン,カント

独断論 独断論とは、経験の裏づけのない独断的な考え方である。言説を誤りや誤謬があるかもしれない不完全なものに関わらず、徹底した検討をせずにそれ自体、あるいはそこから真理を議論することで、批判的に語られることが多い。 目次 ...
人文科学

帰納法|ベーコン,近代科学

帰納法 inductive method 帰納法とは、実験・観察に基づいた知識を得るための思考方法である。多くの事例を収集し、そこから一般法則や原理を導く推論法であり、一般的原理から個別的な結論を引き出す演繹法とは対になる。帰納法の事...