ヘレニズム時代

世界史

ヘレニズム|ヘレニズム時代に世界に広がったギリシャ風文化

ヘレニズム ヘレニズムとは、ギリシア的な文化・思想を意味する。ヘブライズム(ユダヤ教やキリスト教の文化・思想)とともに、ヨーロッパ文化の根底にある二大潮流の一つをなす。歴史的には、アレクサンドロス大王の東方遠征以降、ギリシア文化が地中...
世界史

サモトラケのニケ|ルーブル美術館が誇る勝利の女神ニケの銅像

サモトラケのニケ サモトラケのニケは、1863年、エーゲ海北部のサモトラケ島で発見されたヘレニズム時代を代表する大理石の銅像で、勝利の女神ニケが舞い降りる姿を表現した。紀元前190年頃、ロードス島の人々がセレウコス朝シリア王国に対する...
世界史

コスモポリタニズム(世界市民主義)|世界に住んでいるのだ

コスモポリタニズム(世界市民主義) コスモポリタニズムは、世界市民主義と訳され、これまで人類の垣根となっていた民族、国家、宗教を乗り越え、それを人類で共有し、すべての人間が世界というひとつの市民として共存共栄しよう、という考え方、思想...
世界史

パルミラ|シリア・メソポタミアの交易ルートを支配した隊商都市

パルミラ パルミラは、ヘレニズム時代以降、シリア・メソポタミアの交易ルートを支配して、2~3世紀にもっとも栄えた隊商都市である。女王ゼノビア(在位267~272)の時代、ローマに挑戦したが敗れ、町が破壊されて滅びた。