プロパガンダ

世界史

『ガリア戦記』|カエサルが書いたガリア遠征の記録

『ガリア戦記』 『ガリア戦記』(前58~前51年)のガリア遠征における、カエサル自身の記録である。当時のガリア・ゲルマニア・ブリタニアの情勢を知ることができ、古ケルト・古ゲルマン研究の重要史料とされている。武人らしい雄揮で無駄のない文...
人文科学

ヴァルター・ベンヤミン|哲学と思想,パサージュ論

ヴァルター・ベンヤミン Walter Bendix Schoenflies Benjamin ベンヤミン(1892.7.15-1940.9.26.)は、ドイツの思想家、文芸批評家である。フランクフルト学派。主著『複製技術時代の芸術』『...
世界史

湾岸戦争|サダムフセインのクウェート侵攻と多国籍軍

湾岸戦争 湾岸戦争とは、サダムフセイン率いるイラクが油田などの利益を求めてクウェートに侵攻したことから始まった戦争である。アメリカが主導し多国籍軍が作られ、ソ連がそれを支持したことから冷戦の終焉を象徴する戦争となった。またテレビを活用...
世界史

戦略防衛構想(SDI)|冷戦,アメリカのプロパガンダ

戦略防衛構想(SDI) 戦略防衛構想(SDI)とは、アメリカのレーガン大統領による対ソ戦略として、防衛構想である。ソ連の核ミサイルに対して、宇宙に打ち上げた多数の人工衛星からレーザーを発射して宇宙空間で核ミサイルを撃破し、アメリカに到...
世界史

湾岸戦争のプロパガンダ戦略|広報技術と戦争

湾岸戦争のプロパガンダ戦略 アメリカは、ベトナム戦争で傷つく兵士の画像が繰り返しテレビで流れたことから反ベトナム戦争の機運生まれた反省により、それを逆手に積極的にプロパガンダ工作が行われた。開戦時には、被害者を演じたクウェートの少女ア...