ピン

工学

スプリングピン|ばね用鋼をロール巻きしたピン

スプリングピン スプリングピンとは、ばね用鋼をロール巻きしたピンである。溝がついているため取り付けが容易で簡易な位置決めに使われる。基本的には重荷重や振動・衝撃荷重がかかるところは不向きである。溝にはストレートの溝形や波形がある。ス...
工学

テーパピン|位置決めやせん断力を受けるピン

テーパピン テーパピンはテーパがかかっているピンで位置決めやせん断力を受けるところに使われる。テーパから部材に食い込み、芯がはずれにくい。 テーパピンの形状 テーパピンは直線的なピンに対して、テーパ...
工学

割りピン

割りピン 割りピンとは、割れているピンでねじのゆるみ止めや落下防止を目的として使われる。ボルトとナットに割りピンをピン穴に入れてゆるみを防止するように使われる。材質は、鋼や黄銅が用いられている。先端はとがり先やひら先が大きい。安価であ...
工学

ピン|位置を決める機械要素

ピン ピンは結合に使われる結合要素の一つで、ハンドルなどのようにあまり力の加わらない部品に使われる。部品間のずれや、分解組み立てなどの治具、位置決めなどに利用されることが多い。回転止めにも使われるが、回転によってピンが外れることもあり...
工学

結合要素|ねじ、ピン、リベットなどの機械要素

結合要素 結合要素とは、機械を構成するそれぞれの部品をつなぎ、止める要素である。ねじ、ピン、リベットがその代表で、あらゆる機械で利用されている。その機械の機能・用途に適した結合要素を選択・設計し、その機械の信頼性や生産性を高める必要が...
タイトルとURLをコピーしました