バークリー

人文科学

ジョージ・バークリー|存在するとは知覚されることである。

ジョージ・バークリー George Berkeley 1685年3月12日 - 1753年1月14日 ジョージ・バークリーは、イギリス・アイルランドの哲学者・聖職者。主著は、『視覚新論』、『人知原理論』。経験論の立場から知覚の経験を重...
哲学

「知覚の束」ヒューム

知覚の束 ヒューム ヒュームの経験論の本質をなす言葉。客観的実在としての自我を否定し、自我の存在は習慣に基づく単なる主観的な「感じ」であることを表現した。観念の外に実在する物体の存在を否定したバークリーの思想を推し進め、そのバークリー...
哲学

「存在するとは知覚されることである。」 バークリー

存在するとは知覚されることである。 esse est percipere バークリー 「存在するとは知覚されること」だという哲学者バークリーの言葉。イギリス経験論及び唯心論に立つバークリーは、存在することを知覚されることだとした。独立...
哲学

経験論|ジョン・ロック,ヒューム,ベーコン

経験論 empiricism 経験論とは、人間の知識は、感覚的な経験から生まれるという考え方である。知識の真理性の根拠を経験に求める立場で理性的な推理を重んじる合理論に対立する。フランシス・ベーコンが実験と観察に基づく科学的な真理探究...