ハイデガー

人文科学

ニヒリズム(虚無主義)|伝統的な価値や権威の否定と破壊

ニヒリズム nihilism ニヒリズム(虚無主義)とは、伝統的な価値観や権威をすべて否定し、破壊しようとする思想である。ラテン語で無を意味するニヒル(nihill)に由来し、虚無主義と訳される。もっとも確実で価値あるものとされてきた...
人文科学

マルティン・ハイデガー|哲学と思想,存在論,世界内存在

マルティン・ハイデガー Martin Heidegger ハイデガー(1889.9.26 - 1976.5.26)は、ドイツの哲学者である。存在論や実存主義で高い評価を得ている。主著は『存在と時間』『ヒューマニズムについて』。ハイデガ...
人文科学

現象学|現象学とはなにか。

現象学 Phänomenologie(独) 哲学者のフッサールが提唱した哲学で、世界があると素朴に信じる日常の「自然的態度」から、純粋な意識の内面に立ち返り、そこにあらわれる現象をありのままに記述する学問である。日常の経験では、世界は...
人文科学

レヴィナス|倫理と思想,全体性と無限

レヴィナス Emmanuel Lévinas レヴィナス(1906.1.12 - 1995.1225)はフランスの哲学者、倫理学者。主著は『全体と無限性』フッサールの現象学とハイデガーの存在論から学び、フランスに伝えた。ユダヤ人として...
人文科学

三木清|哲学と思想,日本における歴史哲学の開拓者,構想力

三木清 三木清は大正・昭和期の哲学者。主著『パスカルにおける人間の研究』、『歴史哲学』、『人生論ノート』。 三木清は、兵庫県出身。、京都帝国大学の文学部哲学科に入学し、西田幾多郎の下で学ぶ。ドイツに留学後、日本に帰国し法政大学の教授...