ネロ

世界史

ネロ|暴虐なローマ帝国の皇帝ネロ,キリスト教弾圧

ネロ ネロはローマ帝国の第5代目皇帝である。義理の弟や母親を殺し、政敵を殺し、キリスト教への弾圧を行った暴虐な皇帝で知られる。19世紀のイタリア人が「ネロの心はローマ人で、頭はギリシア人である」と称したように、学芸や詩にも精通し、ギリ...
世界史

パクスロマーナ|ローマの平和,世界史,五賢帝

パクスロマーナ パクスロマーナとは、ローマの平和を意味し、アウグストゥスから五賢帝の時代の末期にいたるまでの約200年、ローマ帝国は黄金時代をさす。この間、ローマ帝国は、広大な領域の治安は安定し、帝国内に多数のローマ風都市が建設され、...
世界史

キリスト教の歴史 2ローマ帝国

キリスト教の歴史 2ローマ帝国 イエスは反感をかったローマ帝国やユダヤ教に処刑にされてしまうが、残された彼の弟子らによって布教活動が始まる。多くの迫害にあうが、ローマ帝国が崩壊に向かう一方で、キリスト教は都市内部まで広がり、国教として...
世界史

セネカ|暴君ネロに仕えたストア派の哲学者

セネカ セネカ(Seneca)(前4頃~後65)はストア派哲学者である。現代のスペインで生まれる。若い頃からストア哲学を学び、皇帝ネロの師であるが、最後は皇帝ネロに死を強制され、自殺した。代表作は『幸福論』である。 ...

エピクテトス|奴隷出身のストア派の哲学者,ローマ帝国

エピクテトス エピクテトス(Epiktetos4)55頃ー135頃は、ギリシア人奴隷出身のストア派哲学者である。ネロの側近に仕えた。ストア哲学者ムソニウス・ルフスに学んだ。解放されて以降は、ローマで哲学の教師として活躍する。86年には...