ドイツ観念論

世界史

自由|キリスト教, ドイツ観念論, 実存主義, 生物学,他

自由 自由は、一般的には強制や支配を受けずに拘束されていない状態をいう。思想や法・政治における自由では、法やルールの範囲で可能な行動を示すが、国や宗教、時代において、様々な解釈が存在する。 「~からの自由...
人文科学

フリードリヒ・シェリング|思想と哲学

フリードリヒ・シェリング Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling シェリング(1775.1.27 - 1854.8.20)は、ドイツ観念論の哲学者。主著は、『先験的観念論の体系』、『人間的自由の本...
人文科学

ドイツ観念論|フィヒテ,シェリング,ヘーゲル

ドイツ観念論(ドイツ理想主義) ドイツ観念論とは、18世紀後半〜19世紀はじめにドイツで盛んになった哲学の思想運動の総称。理想主義。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルがその代表者である。カントの批判哲学とフランス革命の影響から壮大な一元論...
哲学

絶対的自我

絶対的自我 絶対的自我とはフィヒテの哲学の言葉。「対象」とは,自我のはたらきに対し逆らい、またはそれに対して立っているものという意味であるとした。一方、自我はあくまでもこの対象を超えて自己自身を定立しようとする無限の働きであるとし、フ...
哲学

批判哲学|カント

批判哲学 批判哲学とは、カントの哲学の立場をさし、人間の認識能力がおよぶ範囲と限界を明らかにするために、理性の能力をし、検討するものである。カントの主著『純粋理性批判』において、純粋理性の批判が展開されるが、その時、批判されるものは、...
哲学

絶対者|シェリング

絶対者 シェリングは自然と精神を統一するためにすベてのものの根底に存在する絶対者を求めた。この絶対者においては,自然も精神も、すベてのものが無差別かつ同一であるとし、万物は絶対者の現れである。精神において実存するものは、「自我」と「非...