シルクロード

世界史

海の道|海のシルクロード,交易を支えた海路

海の道 海の道は、インドを媒介とする南海貿易路で、南中国から東南アジアをへてインドに達する東方航路と、地中海から紅海をへて、インド洋を越えてインドにいたる西方航路とが結ばれる。漢・ローマの拡大によって発達し、特に唐・イスラーム帝国の興...
世界史

シルクロード|漢-インド-ペルシア-ローマ帝国を結ぶ交易の道

シルクロード シルクロード(絹の道)は、洛陽・長安から甘粛をへて敦煌から西域南道または西域北道(天山南路)を通り、パミール高原を越えてイラン・メソポタミアをへて地中海沿岸に達し、東西文化圏を最短距離で結ぶ。約1万3000m。東からロー...
世界史

西域36国|漢に征服された西域諸国,シルクロード

西域36国 西域とは、中国人が古くから中国西方諸国の総称として用いた名称で、広義ではペルシア・小アジア・シリア・エジプト方面からネパール・インドまで、ときには青海・チベット方面をも含める。狭義では、タリム盆地すなわち東トルキスタンのオ...
世界史

商隊(キャラバン)|シルクロードの商業を支配する砂漠の民

商隊 商隊(キャラバン)は、主にシルクロードなど交易をつかさどる商人の団体で、1商隊につき数人から数十人で地中海を旅した。普通、10数頭から数十頭におよぶラクダをひきつれ、貴重な商品を継いで町から町へ輸送をおこなった。ラクダは馬よりも...