ガリレオ・ガリレイ

世界史

ガリレオ裁判

ガリレオ裁判 ガリレオ・ガリレイは、当時のキリスト教的世界観とは大きく異るコペルニクスの地動説を支持したために、2度にわたって宗教裁判にかけられた。1633年に『天文対話』が地動説を弁護し、聖書の教えにそむくとして告訴され、異端審問所...
物理学

ニコラウス・コペルニクス|地動説,天球の回転について

ニコラウス・コペルニクス NicolausCopernicus 1473-1543 コペルニクスは、ボーランドの天文学者、カトリックの司祭、医者であり地動説を唱えた。主著『天体の回転について』。銅の売買を中心とする富裕商人の子に生まれ...
天文学

ガリレオ・ガリレイ|地動説,宗教裁判,科学革命

ガリレオ・ガリレイ GalileoGalilei1564-1642 ガリレオ・ガリレイは、イタリア・ピサ出身の数学者、物理学者。主著『天文対話』、『新科学対話』。諸現象を仮説に基づく実験によって数学的に検証する科学的方法を確立し、近代...
天文学

地動説|コペルニクス,ガリレオ

地動説 heliocentric theory 地動説とは、太陽を中心にして地球を含む惑星の運動を説明する太陽中心の宇宙観である。古代ギリシアでは、紀元前4〜3世紀のサモスのアリスタルコスが主張した。古代の南米マヤ文明、中国文明、イン...
哲学

『方法序説』デカルト

『方法序説』デカルト 1637年、デカルトによって発表される。デカルトの学問方法を自叙伝的に述べた。ガリレイが宗教裁判にかけられたことを聞いたデカルトが、地動説を支持する内容の『宇宙論』の刊行をとりやめ、そのかわりに発表した三つの論文...
世界史

機械論的自然観

機械論的自然観 機械論的自然観とは、経験的事実の観測から出発し、数量化できるものだけを対象に数学という言語で表現する自然の捉え方であり、そこから近代の自然科学が生まれる。あらゆる自然現象を物体の機械的な運動に還元して説明され、一切の事...
天文学

『天文対話』ガリレオ・ガリレイ

『天文対話』 ガリレオ・ガリレイ 1623年 『天文対話』は、ガリレオ・ガリレイの主著でコペルニクスの地動説を支持した。1616年にベッラルーミーノ枢機卿によって自説を公にしないように指摘されたが、それを振り切って1623年の刊行した...
世界史

『クリスティーナ大公妃への手紙』ガリレオ・ガリレイ

『クリスティーナ大公妃への手紙』ガリレオ・ガリレイ ガリレオ・ガリレイがトスナカ公国のクリスティナ大公妃にあてた手紙の中の言葉で、科学と神学の関係についてガリレオ・ガリレイの考えを語っている。自然には数学的に把握できるもののみが実在す...
天文学

ジョルダーノ・ブルーノ|地動説,宗教裁判

ジョルダーノ・ブルーノ Giordano Bruno 1548-1600 ブルーノは、ルネサンスのイタリアの哲学者である。主著『無限、宇宙と諸世界について』。1548年、ナポリ王国のノーラで生まれる。父は兵士であった。14歳の頃、ナポ...
天文学

『天体の回転について』コペルニクス

『天体の回転について』コペルニクス コペルニクスが地動説を説いた主著。1543年の死の直前に刊行された。当時は、プロテスタントからの反対はあったが、カトリック教会では、地動説は天体の運動を数学的に説明する一つの仮説にすぎないとされてあ...