ウィトゲンシュタイン

人文科学

言語ゲーム|後期ウィトゲンシュタイン,家族的類似性

言語ゲーム 言語ゲームとは、ウィトゲンシュタインによって提唱された言語のありかたをあらわす概念であり、『論理哲学論考』においてみずから提唱した論理学を覆した。日常でなされる会話は、論理学が分析する言語のように明晰なものではなく、曖昧で...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
人文科学

分析哲学|言語の分析の哲学,ラッセル,ウィトゲンシュタイン

分析哲学  Analytic philosophy 分析哲学は現代の英米哲学で発展した20世紀の哲学運動。抽象的な観念によって思想体系を構築する従来の哲学を批判し、言語活動や哲学における命題を分析し、その命題が何を意味しているのかを明...
人文科学

ウィトゲンシュタイン|思想と哲学,語りえぬものへの沈黙

ウィトゲンシュタイン Ludwig Josef Johann Wittgenstein ウィトゲンシュタインはドイツの哲学者。分析哲学者。主著『論理哲学論考』、『哲学探究』。人間は言語によって真理を述べ、これが事実として成立するのは論...