インド

宗教

ヒンドゥー教|インドの宗教,多神教,土着宗教,バラモン教

ヒンドゥー教 ヒンドゥー教とは、古代インド主流の民族宗教である。バラモン教に複雑な民間信仰が混ざリ合って成立した民族宗教のこと。ウパニシャッド哲学などの影響を受け、『ヴエーダ』の聖典の他『マハーバーラタ』や『プラーナ』なども聖典として...
人文科学

バラモン教|インドの宗教,業(カルマ)と輪廻

バラモン教 Brahmanism バラモン教(紀元前1500ころ-)は、インドを中心に進行される、氏族主義(ヴァルナ)と身分制度を基盤とした民族宗教である。紀元前15世紀ごろ、アーリア人は、中央アジアからインドに侵入したが、そこに住...
世界史

カニシカ王|クシャーナ朝の最盛期を支えた名君,インド

カニシカ王 カニシカ王は、クシャーナ朝の王である。クシャーナ朝は、前1世紀末、クシャーナ朝(貴霜国)は大月氏から独立し、インダス川上流域からガンジス川上流域にいたる間を占領して西北インドをおさめた国家であるが、2世紀頃のカニシカ王のと...
人文科学

『マハーバーラタ』|インドの二大叙事詩のひとつである

『マハーバーラタ』 『マハーバーラタ』は、バラタ族の王位と領土をめぐるいとこ間の争いを主題とした作品で、18編10万詩句からなっている。サンスクリット文学のひとつで、『ラーマーヤナ』と並ぶインドの二大叙事詩のひとつである。詩中のいたる...