イデア界

人文科学

プラトン |哲学と思想

プラトン Plato B.C.427~B.C.347 プラトンは、古代ギリシアの哲学者である。アテナイ出身。主著は、『饗宴』『ソクラテスの弁明』『国家』。形而上学、倫理学、認識論、政治学、心理学、数学、神学、芸術などで深い思索をおこな...
人文科学

イデア|プラトン

イデア idea イデアとは、もともとは、ものの見える形ものの外見や姿という意味で、プラトンは“イデア”に理性によって認識できる真の実在という意味を与えた。英語のidea(思想・観念)、ideal(理想)の語源である。 私達が普通感覚...
哲学

現象界 |プラトン,カント

現象界 現象界(感性界)とは、哲学において、感覚を通して人間が普通に現象の中でいきる、経験の世界である。プラトンやカントにおいて語られることが多い。 目次 プラトンにおける現象界 カントにおける現象界 ...
哲学

想起|プラトン

想起(アナムネーシス) anamnesis[プラトン] 想起とは、人間が何かを知ることは、魂がかって見たイデアを思い出すことであると考えたプラトンの概念である。プラトンによれば、人間の魂はもともとイデア界に住み、すでにイデアを知ってい...
哲学

善のイデア|プラトン

善のイデア イデアの中でもすべての善を善たらしめている善そのものであり、善の理想を示す。プラトンのイデア論は、イデアは物そのものだけでなく、倫理的なイデアもまた存在する。そしてこの善のイデアは、個々のイデアの頂点に位置する最高位のイデ...
哲学

洞窟の比喩|プラトン

洞窟の比喩 The Allegory of the Cave プラトンがイデア論を伝えるために語った比喩。『国家』の中で語られている。プラトンは、イデア界(理想的な世界)を太陽の光が輝く外の世界に、現象界(感覚の中で生きている不完全な...
哲学

イデア界|プラトン

イデア界 イデア界とは、プラトンが語るイデアの世界である。イデアは独自の存在であるゆえに、イデアだけで作られているイデア界(英知界)が存在する。イデアとは、理性によってとらえられる完全で、永遠不滅の真の実在である。プラトンは、感覚がと...