アレクサンドロス

世界史

マケドニア王国|アレクサンドロスを生み出した帝国

マケドニア王国 マケドニア王国はドーリア系と考えられるギリシア人の一派が、ギリシア北方に建てた王国である。ポリス世界が衰退した前4世紀に勢力を拡大し、フィリッポス2世の下で全ギリシアを制圧した。その後、フィリッポス2世の子であるアレク...
世界史

プトレマイオス朝エジプト|エジプト最後の王朝

プトレマイオス朝エジプト プトレマイオス朝エジプトは、アレクサンドロス大王の部将プトレマイオスが建国した、古代エジプト最後の王朝である。ギリシア系で、アレクサンドリアを都とし、ヘレニズム世界の中心的存在となって繁栄したが、前30年ロー...
世界史

フィリッポス2世(フィリップ2世)|アレクサンドロスの父

フィリッポス2世(フィリップ2世) フィリッポス2世(フィリップ2世)は、マケドニア王(在位前359~前336)である。テーベの人質となったときにファランクス戦法とギリシア文化を学んだ。テーベからの帰国後はマケドニアの強大化に努め、前...
世界史

ダレイオス3世|アレクサンドロスに滅ぼされたペルシア最後の王

ダレイオス3世 ダレイオス3世(前380頃~前290)はアケメネス朝ペルシアの最後の王(在位前336~前330)である。アルベラの戦いでアレクサンドロスによって敗戦に追い込まれる。最後は、家臣によって暗殺され、アケメネス朝ペルシアは滅...
世界史

セレウコス朝シリア王国|西アジアの支配と衰退

セレウコス朝シリア王国 セレウコス朝シリア王国(前312~前63)は、アレクサンドロスの部将セレウコスが開いたシリア王国の王朝である。ギリシア系。セレウコス朝支配のセレウコス王国は、初め小アジア・シリア・メソポタミア・イランを含む西ア...
世界史

コスモポリタニズム(世界市民主義)|世界に住んでいるのだ

コスモポリタニズム(世界市民主義) コスモポリタニズムは、世界市民主義と訳され、これまで人類の垣根となっていた民族、国家、宗教を乗り越え、それを人類で共有し、すべての人間が世界というひとつの市民として共存共栄しよう、という考え方、思想...
世界史

アンチゴノス朝マケドニア王国

アンチゴノス朝マケドニア王国 アンチゴノス朝マケドニア王国は、アンチゴメスが開いたマケドニア王国の王朝である。アレクサンドロスの死後、帝国は分裂し、後継者(ディアドコイ)がそのあとを狙い戦争が行われた。マケドニア人で構成される民族国家...
世界史

アレクサンドロス|ペルシアを征服した大帝国の王

アレクサンドロス(アレクサンダー大王) アレクサンドロス(前356~前323)は、マケドニア王(在位前336~前323)である。フィリッポス2世の子で古代ギリシアの哲学者アリストテレスに学んだ。その後、フィリッポス2世の暗殺により20...
世界史

アレクサンドリア|東西融和のためのアレクサンドロスの都市

アレクサンドリア アレクサンドリアは、マケドニア王国のアレクサンドロス大王が支配の拠点と東西融和のため各地に作った都市である。特にエジプトのアレクサンドリアが有名で、前331年、ナイル川のデルタ河口に建設した。アレクサンドロス大王の死...