アトム

人文科学

デモクリトス|アトムと唯物論

デモクリトス (希: Δημόκριτος、羅: Democritus B.C.460~B.C.370 デモクリトスは、古代原子論の祖と呼ばれる、トラキアのアブデラ出身の自然哲学者。世界は「原子(アトム)」と「空虚(ケノン)」からなる...
人文科学

ゴットフリート・ライプニッツ|哲学と思想

ゴットフリート・ライプニッツ Gottfried Wilhelm Leibniz 1646年~1716年 ライプニッツはドイツの哲学者、数学者、物理学者。外交官としても活躍した。主著は『形而上学序説』(1686年)、『人間知性新論』...
人文科学

アトム(原子)|デモクリトスの哲学,倫理

アトム(原子) atom アトム(原子)atmとは、すべてのものを構成する、それ以上分割できない究極的要素。万物はアトム(原子)の運動と結合によって成立するという原理論は、レウキッポス、デモクリトスによって始まる。彼らはおそらく共同で...
哲学

予定調和|ライプニッツ

予定調和 harmonie 予定調和とは、相互に交渉のない個々のものが調和した全体的秩序を形成するように定められていること ライプニッツの予定調和 ライプニッツは世界はモナドで満ちており、無数のモナドが表象...
哲学

モナド|哲学,ライプニッツ

モナド monad ライプニッツの哲学において、あらゆる事物を構成する究極的要素となる、分割不可能の単純な実体をさす。モナドは、ギリシア語で一をあらわすモナスに由来し、能動的な活動性を持つ力の中心で、空間的な広がりを持つ物体的な原子(...
哲学

『モナドロジー』ライプニッツ

『モナドロジー』ライプニッツ 『モナドロジー』とはドイツの哲学者ライプニッツの主著。ニコラ・レモンの依頼により執筆されたが、出版されたのはライプニッツの死後であったた。世界を構成する究極要素として、分割不可能の単純な実体であるモナドに...