「語りえぬものについては、沈黙せねばならない」