芸術

近松門左衛門|歌舞伎・浄瑠璃,『曽根崎心中』

近松門左衛門 近松門左衛門は越前国出身越の作家で歌舞伎や浄瑠璃を書いた。主な作品は『曽根崎心中』『冥途の飛脚』『国性(姓〉爺合戦』。 越前国(福井県)吉江藩の藩士の次男として生まれた。父が浪人になったことをきっかけに一家… read more »

井原西鶴|浮世草子,人間の持つ欲の肯定

井原西鶴 井原西鶴は、江戸時代前期の浮世草子の作家である。代表作は『好色一代男』、『好色一代女』、『日本永代蔵品』、『世間胸算用』。 大坂の富裕商人の子として生まれた。談林派(だんりん)の西山宗因に俳諧を学び、師の死去を… read more »

ドイツ観念論|フィヒテ,シェリング,ヘーゲル

ドイツ観念論(ドイツ理想主義) ドイツ観念論とは、18世紀後半〜19世紀はじめにドイツで盛んになった哲学の思想運動の総称。理想主義。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルがその代表者である。カントの批判哲学とフランス革命の影響か… read more »

『受胎告知』レオナルド・ダ・ヴィンチ

『受胎告知』レオナルド・ダ・ヴィンチ 『受胎告知』はレオナルド・ダ・ヴィンチの20歳のころに描かれた。縦98㎝×横217㎝。ポプラの板に描かれている油絵。受胎告知は、大天使ガブリエルが聖母マリアにイエスを身ごもったことを… read more »

ペトラルカ|イタリアの詩人

ペトラルカ Francesco Petrarca 1304-74 ペトラルカは、ルネサンス初期のイタリアの詩人で、ローマの古典(ラテン文学)を研究した人文学者。代表作は叙情詩集『カンツォニエーレ』Canzoniere (… read more »

Sidebar