日本思想

洋学|江戸時代末期「東洋道徳、西洋芸術」

洋学 洋学とは、江戸時代の末期から明治時代の初期に日本に紹介された西洋学問の総称である。数学、物理学、化学、医学などの諸科学が導入された。蘭学がオランダの学問という響きを持つのに対して、洋学はイギリス・ドイツ・フランスの… read more »

高野長英|江戸時代末期の洋学者・医学者

高野長英 たかのちょうえい 高野長英(1804~50)は江戸時代末期の洋学者。長崎でシーボルトに医学・洋学を学び、江戸で開業。のちに渡辺崋山らと西洋研究グループ尚歯会(蛮社)を設立した。 陸奥国(岩手県)水沢で生まれ、仙… read more »

渡辺崋山|窮理の精神,『解体新書』の翻訳

渡辺崋山 渡辺崋山は、江戸時代末期の洋学者である。三河国(静岡県)田原藩家老の子として江戸で生まれ、藩の家老まで務めた。政治家として産業の復興、飢饉対策や教育で成果を挙げ、開明的な政治家として名声を博し、1833年には、… read more »

古学|新しい武士のあり方,古義学、古文辞学

古学 古学は、山鹿素行から始まった学問で、朱子学の理を重んずるところを批判し、孔子や周公旦の教えを基本とした、日常に役立つ実用的な学問を目指した。古典を重んじる文献学である。山鹿素行の士道、伊藤仁斎の古義学、荻生徂徠が古… read more »

国学|古代日本の和歌,物語,神話の研究と日本精神

国学 国学とは、『古事記』や『万葉集』など、古代日本の和歌、物語、神話の研究を通して、仏教や儒学などの外来思想が日本に入ってくる以前の、日本独自の精神や生き方を追究しようとする学問である。特に江戸時代末期に大きく発展した… read more »

二宮尊徳(二宮金次郎)|江戸時代の農政家

二宮尊徳(二宮金次郎)”> 二宮尊徳(二宮金次郎)は、相模国(神奈川県)の農業家・農政家である。主著は『報徳全書』であるが、弟子たちによって編まれた『二宮翁夜話』もある。貧しい農村時代の経験から各農村の財政改… read more »

Sidebar