政治

公議政体論|ヨーロッパ型の議会制度の導入

公議政体論 公議政体論は雄藩などの有力者を集めた議会を設置し、ここで議論をしながら政治を進めていこうとする考え方を公議政体論という。現在の国会のもとになるような考え方で後藤象二郎や坂本龍馬によって提起された。彼らの船中八… read more »

蘇我蝦夷|古代の豪族,父は蘇我馬子、子が蘇我入鹿

蘇我蝦夷 蘇我蝦夷は、古代日本の豪族である。蘇我馬子の子で、蘇我馬子のあとを次いで大臣として権力者となる。息子は蘇我入鹿で皇極天皇の時代になると蘇我入鹿が蘇我蝦夷をしのぐ実権を握った。境部臣摩理勢との後継者争いが起こった… read more »

小野妹子|遣隋使,聖徳太子,日出づる処の天子

小野妹子 小野妹子は第二回目の遣隋使として隋に派遣された。「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す」という国書を煬帝に提出した。このことが中国の冊封体制を受けず、以降、日本は、対等な関係として中国との外交を行うこと… read more »

冠位十二階|聖徳太子,蘇我馬子,隋,身分制度

冠位十二階 604年、聖徳太子と大臣の蘇我馬子によって設定された新しい冠の設定。前年の603年に小墾田宮(奈良県明日香村)に群臣を召集して、翌年1月を期して新しい冠を制定し、官人への授与を始めることを説明している。中国の… read more »

Sidebar