工学

工学

伝熱工学

伝熱工学 伝熱工学は熱の移動現象を扱った学問で、熱伝導、対流熱伝達、熱放射の三つの現象があり、それぞれの現象が共存して存在していることが多い。伝熱工学を応用して熱交換器の設計や保温・保冷材の厚み計算などがある。 ...
工学

非破壊試験

非破壊試験 非破壊試験は、材料を破損せずに材料の内部や表面の欠陥を調べる試験法である。キズや劣化などの状況を調べることができる。非破壊試験には素材から完成まで継続的に検査することにより、装置や設備の性能や寿命が確保される。発電所や化学...
工学

鋳鋼|SC360やSC400など

鋳鋼(SC材) 鋳鋼とは、鋳造で用いる炭素鋼や合金鋼を鋳鋼(SC材)をいい、鋳鉄では強さや硬さが不足する場面などで用いられている。JIS記号ではSC360やSC410などSC+数字で表現される。SCに続く数値は同じく引張強さの最低保証...
工学

超伝導

超伝導 超伝導とは、電流の流れに対する抵抗が0になる現象をいう。超伝導状態になった材料は同時に強い反磁性を示すため、磁場を受けると反発する。実用面では、超伝導磁気コイルを用いた磁気浮上や、超伝導を用いた電力ケーブルなど、エネルギー分野...
工学

硬さ試験|ショア、ブリネル、ロックウェル、ビッカース

硬さ試験法 材料の硬さを調べる代表的な硬さ試験法としてショア硬さ試験、ブリネル硬さ試験、ロックウェル硬さ試験、ビッカース硬さ試験がある。いずれも材料の硬さは、第一に、硬度の試験方法をきめて、それにともなう結果を定義する方法がとられてい...
工学

直接測定器

直接測定器 直接測定器はノギス、マイクロメータ、ハイトゲージ、スナップメータ、スナップメータのように直接的に狙いの数値を測定する方法である。比較対象を基準にする、比較測定器と区別される。 ノギス ノ...
工学

燃料電池

燃料電池 燃料電池とは、1839年にイギリスのグローブ卿によって発明されたもので、燃料極、空気極、電解質などを繰り合わせることによって生まれる化学エネルギーを直接電気エネルギーとして取り出す電池である。代表される水素燃料電池は石油に代...
工学

測定誤差

測定誤差 測定誤差とは、測定に関して、測定値と現物の寸法との差異である。測定者の技術や測定機器の精度、測定に使う定盤の精度の違いから生まれる。通常、測定誤差を加味して公差が設けられるが、特に精密加工では、革新的な問題となる。 ...
工学

比較測定器

比較測定器 ゲージ間とは比較測定器ともよばれ、基準を用いてその対象物との差から測定値を類推する方法である。基準は、ダイヤルゲージ、リングゲージ、ねじゲージなどに代表される。間接測定器は測定を容易にするが、測定の精度や範囲が測定器に限定...
工学

機械材料の性質

機械材料の性質 機械材料は、機械を構成する目的で用いられる材料である。機械材料は、金属(鉄や銅など)や非鉄金属(セラミックス、ゴム、プラスチック)などによって、さまざまであるが、それぞれの特性を生かして適材適所で選定される。機械の性質...