世界史

世界史

天動説|アリストテレス

天動説 geocentric theory 天動説とは、静止した地球を中心として、天体が回転するという、地球中心の宇宙観。古代ギリシアのピタゴラス派やアリストテレスは、神聖な天体は地球のまわりを完全な円運動をすると考えた。2世紀に天文...
世界史

アラム人|内陸の商業を支配した古代の民族

アラム人 アラム人はセム語系遊牧民である。前12~前8世紀シリアを中心にダマスクスを支配する多くの小王国を形成し、内陸の中継貿易で活躍した。前8世紀にアッシリアに服属したが、貿易は続けられ、アラム語は、オリエントの公用語として広く使わ...
世界史

カナーン人

カナーン人 カナーン人は、現在のパレスチナ地方に先住したセム語系民族である。前15-前14世紀に交易で栄えたが、のちヘブライ人に従属した。 パレスチナ カナーンは、地中海東岸の南部地域、現在のパレスチ...
世界史

ペルシア戦争|ペルシアの侵攻とアテネの抵抗,世界史

ペルシア戦争 ペルシア戦争とは、アケメネス朝ペルシアとアテネを中心とする古代ギリシアのポリス同盟との戦争である。前480~前479の3回にわたるペルシアの侵攻を、古代ギリシアが撃破した。前449年のカリアスの和約で最終的に終結した。こ...
世界史

テミストクレス|ギリシア艦隊の将

テミストクレス テミストクレスは、前528頃~前462に活躍したアテネの政治家である。当時ペルシア戦争でギリシア艦隊を指揮し、ペルシア軍を撃破、アテネの勝利を確実なものとしたことで知られる。しかし、後に、陶片追放によってアテネを追放さ...
世界史

マケドニア王国|アレクサンドロスを生み出した帝国

マケドニア王国 マケドニア王国はドーリア系と考えられるギリシア人の一派が、ギリシア北方に建てた王国である。ポリス世界が衰退した前4世紀に勢力を拡大し、フィリッポス2世の下で全ギリシアを制圧した。その後、フィリッポス2世の子であるアレク...
世界史

使徒|イエスを引き継いだ、キリスト教を広めた指導者たち

使徒 使徒とは、イエスの教え(福音)を伝える(宣教する)指導者のことをいう。イエスが選んだペテロ・ヤコブ・ヨハネら12人の直弟子は12使途という。その中のユダは、イエスを裏切った人物とされる。のちにユダヤ教のパリサイ派であったパウロも...
世界史

スパルタ|古代ギリシアの随一の陸軍

スパルタ スパルタは、前1000年ころ、ドーリア人の一派がペロポネソス半島南部ラコニアに侵入して先住民を征服し、やがて自分たちだけが集住したポリスである。スパルタはその後も支配域を広げ、前8世紀から前7世紀にかけて西方のメッセニアを占...
世界史

アテネ|古代ギリシアの民主主義の都市国家ポリス

アテネ アテネは、イオニア人がアッテイカ地方に建設したポリスである。女神アテナにちなんで名付けられた。集住によって形成されたポリスの典型で、商業交易を主としてしだいに発展した。前8世紀半ばにアテネは王政から貴族政に移行し、大土地所有貴...
世界史

ペロポネソス戦争|アテネとスパルタの戦争

ペロポネソス戦争 ペロポネソス戦争とは、前431~前404に古代ギリシアで起ったアテネ中心のデロス同盟と、スパルタ中心のペロポネソス同盟との戦争である。アテネはペリクレスの病死後、その民主主義の下、衆愚政治に陥り、ペルシアの支援を受け...