CAM|Computer Aided Manufacturing

CAM(Computer Aided Manufacturing)

CAMとは、コンピュータ支援による加工・組立てなどの製造支援技術のことで、コンピュータ内部に表現されたモデルに基づいて生産を行う生産形式のことである。普通、製造者は、CADソフトで形状のモデリングを行い、そのデータをCNC化された工作機械に送ると、加工・生産が行われる。性能は、工作機械に依存するが、人間が製造するのに比べて、経済的・時間的コストに優れている。

CAD/CAM

現在、製図を行うCADとCAMとの連携により開発・設計が行われているが、CAD/CAMと表現される。