陳水扁

陳水扁

陳水扁(ちん・すいへん)は、1950年(戸籍の上では51年になっている)生まれの陳水扁は、貧しい家の出身ながら常に成績優秀で大学在学中に弁護士試験に合格した。当初はエリート弁護士の道を進みますが、国民党政権による言論弾圧事件「美麗島事件」の弁護をしたことから、野党である民進党の運動に加わっていく。台北市長に当選し、台北市の行政改革に実績を上げて注目された。しかし二度目の選挙に落選してからは、台湾総統選挙に挑戦し、当選しました。

陳水扁夫人

陳水扁夫人は、政治テロと見られる交通事故で半身不随になり、車椅子の生活を余儀なくしている。常に車椅子の妻を思いやり、かいがいしく世話をする陳水扁の行動に人気が集まった。