運動の第1法則|ニュートン,物理

運動の第1法則(慣性の法則)

運動の第1法則は慣性の法則とも呼ばれ、物体に外力が作用しなければ、静止している物体は永久に静止し、動いている物体は永久にその方向と速さは変化しない(等速直線運動)という法則である。 ニュートンによって発見された。


Sidebar