観想|テオリア,アリストテレス

観想 テオリア theoria

観想(テオリア)theoriaとは、日常的な感覚を離れて、理性によって物事の本質や真理、神やイデアを客観的に考察すること。theory(理論)の語源である。アリストテレスは、宇宙のすべての運動の第一原因である神を観想することは、神の永遠性にあずかることであるとした。それに従い、快楽を求める享楽的生活、名誉を求める政治的生活、富を求める蓄財的生活に対して、観想的生活がもっとも幸福な生活であると説いた。