表面処理|種類

表面処理

表面処理とは、素材の表面にさまざまな性質を付与するための材料処理である。表面処理を行うことによって本来の素材のもつ特性に加えて、耐摩耗性・潤滑性・耐食性・耐熱性・断熱性・導電性などの性質を付加することができる。

めっき

めっきは、金属・非金属の表面に金属を成膜させる技術(金属皮膜処理)である。めっきを施すことによって、酸化を抑えたり、機能性を担保することになる。また装飾の目的で施されることもおおい。

  • 電気めっき
  • 溶融めっき
  • 拡散めっき
  • 蒸着めっき
  • 無電解めっき

化成処理

化成処理は表面処理の一つで、陽極酸化やりん酸塩処理に代表される。耐摩耗性や耐食性など機械的性質を求めるときに使われるが、装飾を目的として施されることも多い。

浸炭

浸炭は、炭素を付加することによって、金属表面の硬度を高くするために行われる。

表面硬化法

表面硬化法は浸炭に代表される表面の硬化法で、窒化、浸炭窒化、高周波焼入れ、炎焼入れなどがあり、ピストンや金型の際に用いられる。

トライボロジー

トライボロジーとはふたつの物体が接触するとき発生する摩擦・摩耗と、その対策にあたる潤滑についての技術の総称である。金属表面を潤滑油で覆うと、金属結合する部分が少なくなり、油(流体)のせん断抵抗が摩擦力となるため、摩耗・摩擦を軽減することができる。

溶射

セラミックスなどの素材を金属表面に成膜することによって、その金属に本来は持たない機械的性質を獲得させることである。硬度や耐熱、耐摩耗などの特性を獲得することができる。

セラミックスコーティング

セラミックスをコーティングすることにより、耐熱性や耐食性を持たせることができる。

プラスチックコーティング

プラスチックをコーティングすることにより、耐摩耗性、耐熱性や耐食性を持たせることができる。

タイトルとURLをコピーしました