累進寸法記入法|製図,JIS,機械設計

累進寸法記入法

累進寸法記入法は1本の連続した寸法線で簡便に表示する製図法であるが、公差が蓄積する直列寸法にたいして、並列寸法記入法と全く同等の意味をもつ。この場合、寸法の起点の位置は、起点記号(○)で示し、寸法線の他端は矢印で示す。寸法数値は、寸法補助線に並べて記入するか、矢印の近くに寸法線の上側にこれに沿って書く。なお、二つの形体間だけの寸法線にも準用することができる

累進寸法記入寸法の記入例(JIS B 0001 2010)

累進寸法記入寸法の記入例(JIS B 0001 2010)

タイトルとURLをコピーしました