回転投影図|製図,機械設計,JIS規格

回転投影図

回転投影図とは、投影面に対し、対象物の一部分が斜め方向にある場合、それを投影面に平行な位置まで回転したとして描いた投影図のことである。見間違える場合には、作図に用いた線を残すことがある。

回転投影図

回転投影図