モリソン号事件

モリソン号事件

1837年(天保8年)、アメリカ商船のモリソン号が7人の日本人漂流民を連れて浦賀沖に現れたが、幕府は「外国船打ち払い令」の下に、モリソン号を砲撃。モリソン号はただちに鹿児島湾へ逃げたが、薩摩藩からも砲撃を受け、日本人漂流民を乗せたままマカオに退去した。