ピューリタン革命

ピューリタン革命(清教徒革命) Puritan Revplution 1642-49

ピューリタン革命(清教徒革命)とは、イギリスで議会派の多数を占めるピューリタン(清教徒)が中心になり、チャールズ1世の専制政治を打倒した市民革命。ピューリタン(清教徒)は主にカルヴァン派をさし、勤労と信仰を旨とする産業資本家層に多い。国王を処刑して共和制を敷いたが、議会派内部で対立し、クロムウェルの軍事独裁への不満がその死後に表面化し、王政復古が行われた。