スラ|マリウスと抗争した門閥派の政治家,ローマ帝国

スラ

スラ(前138~前78)は、共和政ローマで活躍した閥族派の政治家である。平民派マリウスと抗争し、交互にローマ市の権力を握って相手党派を殺しあった。小アジアの平定後、平民派を弾圧する。元老院と結んで無期限のディクタトルとなり、専制を強行した。

同盟市戦争

前91~前88、イタリア半島の同盟市が、ローマ市民権を求めて反乱を起こしたが、スラは、元老院と政治的妥協点をおさえ、市民権の付与を約束して収拾に成功した。

ミトリダテスの反乱

スラは小アジアのポントス王ミトリダテスの反乱を鎮圧することに成功し、政権を握った。

平民派の弾圧

敵対関係にあった政治家マリウスと抗争し、小アジアの平定後、平民派を弾圧した。

元老院

スラは、元老院と協約結んで、無期限のディクタトルとなり、専制政治を行う。

ポンペイウス

ポンペイウスはスラの後継者として活躍したローマの将軍である。スパルタクスの反乱の鎮圧や東地中海の安定で成果を上げ、三頭政治の一角をなした。権力をもったが、カエサルとの対立に敗れ、エジプトに暗殺された。