カルヴァニズム|宗教改革

カルヴァニズム(カルヴァン主義)

カルヴァンに始まる思想や教会の改革運動をさす。カルヴァン主義とも呼ばれ、神の絶対性、救済の予定説、教会組織の聖書準拠、神への服従、禁欲主義、勤勉と倫理的生活の尊重などを特色する。スイス・ジュネーヴからネーデルラント・イギリス、オランダに広まった。多くは声高い改革派で絶対王政、封建体制に対立することが多く、多くの宗教戦争を起こした。

カルヴァニズムの思想

神の絶対的な主権のもとに、人間は神の予定に服従し、神の栄光を実現するための道具となって、世俗の修行に励むべきとされる。「ただ神の栄光のために」という標語のもとに厳格な規律に従う、禁欲的で勤勉な生活態度が重んじられた。