インティファーダ|パレスチナ住民によるイスラエルへの抵抗

インティファーダ

インティファーダとは、アラビア語で「払いのける」という意味で、占領軍であるイスラエル軍に対してのパレスチナ住民の抵抗運動(大衆蜂起)である。

インティファーダ

1987年12月、イスラエル占領下のガザで、パレスチナ住民が乗った車2台とイスラエル軍の大型トレーラーが正面衝突事故を起こし、パレスチナ住民4人全員が即死する自己がおこったが、この実権をきっかけにパレスチナ住民の抵抗が顕在化する。

投石革命

投石革命とは、1993年まで続いたパレスチナ側の抵抗運動で、武装したイスラエル軍兵士に対して、パレスチナ住民たちは武器を持たず、投石で抵抗した。パレスチナ側には1116人の死者と数万を超える負傷者が出た。

国際世論

武装するイスラエル軍兵士に対し、武器を持たないパレスチナの子どもたちは投石によって対抗し、イスラエル軍兵士はこれにまた、ゴム弾やプラスチック弾で発砲したものの、多くの死者やけが人を出した。イスラエル兵に殴られる子どもの姿は世界中で放送され、国際世論はパレスチナ住民に同情するようになった。