アンチゴノス朝マケドニア王国

アンチゴノス朝マケドニア王国

アンチゴノス朝マケドニア王国は、アンチゴメスが開いたマケドニア王国の王朝である。アレクサンドロスの死後、帝国は分裂し、後継者(ディアドコイ)がそのあとを狙い戦争が行われた。マケドニア人で構成される民族国家をなした。主として国民は自由な農民で構成された。

ヘレニズム時代

ヘレニズム時代

セレウコス朝シリア王国プトレマイオス朝エジプトとは違い、王は心的権威を持たず、兵士全体で構成する集会が国の役割を果たした。経済は伸び悩み、王家の生活も華やかなものではなかった。

滅亡

前146年、ローマの征服により属州となった。